レシピ

ホシノ天然酵母で作る!ミニクッペのレシピ

外はパリパリ、中はもっちりとした食感のミニクッペです。

準中力粉「リスドォル」を使って焼き上げたパンは、噛みしめるほどに小麦の甘みが感じられ、何もつけなくても驚きのおいしさ。

カポナータやブルスケッタなどの夏野菜を使った料理と合わせると、味も栄養バランスもばっちりですよ。

材料(6個分)

※生種の作り方はこちらからご覧いただけます。

作り方

1. 生地を作る

ボウルにクッペの材料を入れる様子

 ボウルに油以外の材料を入れ、ゴムベラでよく混ぜます。

2. 油を加える

生地にオリーブオイルを加える様子

生地がまとまってきたら、オリーブオイルを入れ、生地をもむようにしてなじませます。

3. 1次発酵

こね上げ直後のパン生地

ボウルに入れてぬれぶきんをかけ、あたたかいところ(30℃くらい)で発酵させます。(60分~)

1次発酵後のパン生地

1.5~2倍の大きさになったら発酵完了。

4. 分割・ベンチタイム

6等分されたミニクッペの生地

こね台に出してカードで6等分にし、表面を張らせるようにして手で丸めます。間を空けて並べ、ぬれぶきんをかけて15分休ませましょう。

5. 成形

  • こね台にのったミニクッペの生地
  • 上半分を折りたたむ様子
  • 上端を中心に折りたたむ様子
  • 下半分も同様に折りたたむ様子
  • ミニクッペの成型後

①打ち粉をふった台にとじ目を上にして置き、手で丸く広げます。②上半分を中心に向かって折りたたみ、③先端を真ん中に折りましょう。④下半分も同様にし、⑤さらに半分に折って指でつまんでよく閉じ、⑥裏返して形を整えたら完成です。

6. 最終発酵

オーブンシートに並んだ成形後のミニクッペ

オーブンシートをしいた天板に間を空けて並べ、あたたかいところ(30℃くらい)で発酵させます。(60分)

最終発酵後のミニクッペ生地

ひとまわり大きくなったら発酵完了。

7. 焼く

粉をふって、切り込みを入れたあとのミニクッペ

茶こしで表面に強力粉をふり、ナイフで横に1本切り込みを入れ、霧を吹きかけます。

焼きたてのミニクッペ

250℃にあたためたオーブンで20~23分焼いたら完成です。

あわせて読みたい
レシピ

あんこたっぷり!もち麦あんパンのレシピ

ずぼらパン。
もち麦を混ぜ込んだ生地で、なめらかなこしあんをたっぷりと包んで焼き上げる「もち麦あんパン」のレシピをご紹介します。 玄米の4倍もの食物繊維を含むもち麦は、便秘に悩む女性にう …
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。