豆乳まるパン

まるパンってなんだかかわいいですね。

見ためも、名前の響きも。

本日は、先日図書館で借りてきた『「ちょっとのイースト」で作るまるパンとベーグルの本』を参考につくってみました。

著者の幸栄さんの文章がとても好きで。実はほかにも何冊かお借りしました。

少ないイーストで、たっぷり時間をかけて発酵させるレシピのため、空いた時間に作業も進められていいことづくめ。

パンづくりは、こねる工程から焼きあげるまで、自分の子供を大切に育てているような、あたたかい気分にさせてくれるなぁとしみじみ思います。

だからこそ、うまくいかないのも当たり前。

手塩にかけて育てた豆乳パンは、じっくり発酵させたためか、時間がたっても硬くならず、ふわふわで、まるで天使のほっぺのようなパンでした。

前の記事

必要な資格

次の記事

種まき