コッペパン

ぽってりとしたフォルムと、ふっくらやわらかい生地が昔懐かしいコッペパン。


学校の給食で食べたことのある人も多いのではないでしょうか。

真ん中に切り込みを入れて、ジャム、バター、たまごサラダ、ソーセージ、焼きそばなど、好きな具材を挟める万能さが魅力のひとつ。

飾り気のない素朴な見た目ながら、いろいろな食材の味を引き立てるその姿は、まさに縁の下の力持ちです。

持ちやすいので、ピクニックのおともにもぴったり。今度の休日はおうちでピクニックもいいですね。

材料(長さ15cmのもの6個分)

テーブルの上に並んだコッペパンの材料

作り方

1. 生地を混ぜる
ボウルに入ったコッペパンの生地

ボウルに粉類、きび砂糖、塩を入れてゴムベラで混ぜ、イーストを入れてさらによく混ぜ合わせます。真ん中にくぼみを作り、水と牛乳を注いだら、ゴムベラで混ぜます。

2. 1次発酵

つるんとなめらかになるまで手でよくこね、ぬれぶきんをかけて室温で1時間置きます。2倍ぐらいの大きさになったら発酵完了です。

3. 分割・まるめ
こね台の上にある6つの生地

生地を台の上に取り出し、6等分にします。丸め直してうしろはとじず、間をあけて並べます。

4. ベンチタイム

ぬれぶきんをかけて室温で20分休ませます。

5. 成形

とじめを上にして置き、めん棒で長さ10cmくらいの楕円形にのばします。奥から手前に3つ折りにし、とじめをしっかりとくっつけます。15cmくらいの長さになるまで転がし、最後に両端を細くつまんだら完成です。

6. 2次発酵

オーブンシートをしいた天板の上に間をあけて並べ、ぬれぶきんをかけて室温で1時間ほど置きます。2倍の大きさになったらOK。

7. 焼く

はけで表面に牛乳を塗り、180℃に温めたオーブンで10~12分焼きます。

【難易度】

評価 :2/5。

成形に若干コツがいるものの、生地は扱いやすいので初心者でも◎

前の記事

もち麦あんぱん