レシピ

ピンク色にキュン!もっちりさくらあんぱんのレシピ【桜の塩漬け】

春満開!おやき風さくらあんぱん

お皿にのった桜あんぱんを上から見た様子

桜花の塩漬けをトッピングした、可愛らしいさくらあんぱんのレシピをご紹介します。

桜あんのピンク色がちらっと見えて、目にも春らしいひと品です。

普通に焼いても良いのですが、天板をのせた状態で焼くと、表面がカリッと香ばしくなり、いっそう美味しく仕上がりますよ。

材料(12個分)

テーブルに並んださくらあんパンの材料

下準備

桜あんを丸め、桜花の塩漬けの塩を抜いておく

20gずつ丸めた桜あんと、塩抜き中の桜花の塩漬

桜あんは20gずつ丸め、桜花の塩漬は30分ほど水に浸して塩抜きしておきます。

はちみつと水を合わせておく

はちみつを溶かした水の水温を計る様子

水にはちみつをよく溶かし、下記を参考に季節に応じて水温を調節します。

  • 春・秋:約30℃
  • 夏:約10℃
  • 冬:約45℃

600wの電子レンジで20秒チンすると、約30℃になります。温度計がなければ、夏は冷水、その他の季節はぬるま湯でOK!

あさみん

あらかじめはちみつを水に溶かしておくことで、ダマになるのを防ぎます。

溶かし足りないと、最後にはちみつだけ残ってしまうのでよく溶かしましょう。

作り方

1. 生地を作る

ボウルにさくらあんぱんの材料を入れる様子

ボウルに強力粉とインスタントドライイースト、塩を入れてゴムベラで軽く混ぜ、真ん中をくぼませてはちみつを溶かした水を入れます。

2. ゴムベラで混ぜる

ボウルに入ったさくらあんパンの生地

ゴムベラで手早く混ぜ合わせ、粉っぽさがなくなるまで手でまとめます。

3. 手でこねる

こね台にのったさくらあんパンの生地

こね台に取り出し、表面がつるんとなめらかになるまで手でよくこねます。

あさみん

生地のこね方がよく分からない……という方は下記をご覧ください。

生地のこね方やたたき方を詳しく解説しています。

生地を引っ張ってグルテン膜を引き出す様子
【パン作りの基本】初心者必見!生地のこね方&たたき方を画像付きで解説おうちで作るパンは、手ごねが基本。はりきってこねてみたけど、なんだかうまくいかない……と一人で悩んでいませんか?このページでは、パン作り初心者の方でもいちから学べる「パンのこね方・たたき方」をじっくり解説します。...

4. 油を加える

ボウルに入った生地に太白ごま油を加える様子

カードで6つに切ってボウルに戻し、太白ごま油を加えて、手でもみ込むようにしてこねます。

あさみん

生地のテカリがなくなり、ほんのりとしたツヤに変わってきたら、こね上がりのサイン。

少し難しいですが、こねすぎるとべたつき出してくるので、生地の状態をよく観察してみましょう。

5. 1次発酵

ボウルに入った発酵前の生地

表面を張らせるようにして丸めて後ろを閉じ、ボウルに入れてあたたかいところで60分発酵させます。

あさみん

発酵のやり方が分からないという方は、下記をご覧ください。

主な発酵の方法と、発酵のコツをお伝えしています。

ふっくらと発酵したパン生地
【パン作りの基本】劇的においしくなる! 発酵の方法4選&うまく発酵させるコツ・ポイントパン作りの基本「発酵」の意味や目的、主な発酵方法、うまく発酵させるコツ・ポイント、発酵の手順などをご紹介しています。...
ボウルいっぱいまで膨らんだ1次発酵直後の生地

2~2.5倍の大きさになったら発酵完了です。

6. 分割・丸め・ベンチタイム

こね台に並んだベンチタイム前のパン生地

こね台に取り出し、カードで12等分します。手で丸め、うしろは閉じずに並べて、ぬれぶきんをかけて20分休ませます。

あさみん

ベンチタイムについて、以下の記事で詳しく解説しています。

パン作りには欠かせない工程なので、ぜひチェックしてみて!

【パン作りの基本】ベンチタイムとは?生地を休ませる意味&手順を解説パン作りに欠かせない、ベンチタイムの意味(効果)と詳しい手順、注意点をご紹介しています。...
こね台に並んだベンチタイム後のパン生地

ひとまわり大きくなったらOKです。

7. 成形

丸めた桜あんがのった生地

裏返して手で平たくのばし(直径10cmくらい)、丸めた桜あんをのせます。

上と下をくっつけた生地

生地の上下を指でつまんでくっつけます。

パン生地で桜あんを包む様子

斜め上と斜め下を指でつまんでくっつけます。

桜あんが包まれたパン生地

形を整えたら成形完了です。

8. 最終発酵

天板に並んだ最終発酵前のパン生地

オーブンシートをしいた天板にとじ目を下にして並べ、ぬれぶきんをかけて50分発酵させます。

こね台に並んだ最終発酵後のパン生地

ひとまわり大きくなったら発酵完了です。

9. 桜花の塩漬をのせる

桜花の塩漬が飾られたパン生地

霧吹きをかけて水気をよく切った桜花の塩漬をのせ、オーブンシートをのせて、さらにその上に天板をのせます。

ワンポイントアドバイス

あさみん

桜花は花びらを広げた状態でのせるとより華やかに、閉じたままのせると上品な印象に仕上がります。

どちらもそれぞれの良さがあるので、色々試してみてくださいね♪

10. オーブンで焼く

ケーキクーラーの上にのった焼きたてのさくらあんパン

200℃に予熱したオーブンで14分焼いたら完成です。

きれいなピンク色にキュン♡さくらあんぱんはいかが?

手で2つにちぎったさくらあんパン

春にぴったりな、さくらあんぱんのレシピをご紹介しました。

桜花の塩漬けがのったあんぱんはよく見かけますが、中まで桜あんを使ったあんぱんは意外とレアですよね。

見た目もとってもかわいくて、乙女心をくすぐること間違いなし!

上にのった桜花のほどよい塩気と、あんの上品な甘さが相性抜群なので、ぜひ一度お試しくださいね。

あわせて読みたい
レシピ

にんじんとオートミールの丸パンレシピ【美肌】

ずぼらパン。
βカロテンが豊富なにんじんをすりおろして、生地に混ぜ込んだお肌が喜ぶ丸パン。 きれいなだいだい色は、にんじんの色です。表面にオートミールをまぶすと、なんだか生き物のようなか …
白いお皿に盛られた焼きたてのシナモンロール レシピ

【かもめ食堂ファン必見】スパイス香る!フィンランド式シナモンロールの再現レシピ

ずぼらパン。
ユニークな形がかわいい!かもめ食堂風シナモンロール ちょっぴりユニークな形をした「シナモンロール」のレシピをご紹介します。  …
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。