レシピ

お腹のハリに効く!フェンネルシードと全粒粉のパンのレシピ

後味すっきり!フェンネルと全粒粉のパン

消化を助ける効果のあるスパイス「フェンネルシード」を混ぜ込んだ、香り豊かなパンのレシピをご紹介します。

フェンネルシードは、インド料理などのお口直しとして出されることが多い清涼感のあるスパイスのこと。

プチッとした食感がアクセントを与えてくれます。

そのままはもちろん、スパイスの効いたインドカレーと一緒にいただくのもおすすめです。

材料(6個分)

テーブルに並んだフェンネルシードと全粒粉のパンの材料

作り方(調理時間:180分)

1. 生地を作る

ゴムベラで生地を混ぜ合わせる様子

ボウルに粉類とはちみつ、ドライイースト、塩を入れ、真ん中に水を注ぎ入れます。

ゴムベラでそぼろ状になるまで混ぜ合わせましょう。

2. こねる

こね台にのったフェンネルと全粒粉のパンの生地

こね台に取り出し、表面がつるんとなめらかになるまで手でよくこねます。

あさみん

こね方が分からない!という方は、下記をご覧ください。生地のこね方を詳しく解説しています。

生地を引っ張ってグルテン膜を引き出す様子
【パン作りの基本】初心者必見!生地のこね方&たたき方を画像付きで解説おうちで作るパンは、手ごねが基本。はりきってこねてみたけど、なんだかうまくいかない……と一人で悩んでいませんか?このページでは、パン作り初心者の方でもいちから学べる「パンのこね方・たたき方」をじっくり解説します。...

3. オリーブオイルを加える

6つに切った生地にオリーブオイルを入れる様子

カードで6つに切り、オリーブオイルを加えます。

手でもみ込むようにして、オイルを全体になじませましょう。

4. 1次発酵

1次発酵前の生地

ひとまとめにして後ろを閉じ、ボウルに入れてあたたかいところで60分発酵させます。

あさみん

「発酵の方法が分からない!」というあなたは、下の記事を読んでみてください。主な発酵の方法4つと、発酵の手順などをお伝えしています。

ふっくらと発酵したパン生地
【パン作りの基本】劇的においしくなる! 発酵の方法4選&うまく発酵させるコツ・ポイントパン作りの基本「発酵」の意味や目的、主な発酵方法、うまく発酵させるコツ・ポイント、発酵の手順などをご紹介しています。...
ひとまわり大きく膨らんだ発酵後のパン生地

2~2.5倍の大きさになったら、発酵完了です。

5. フェンネルシードを加える

4つに切った生地にフェンネルシードを加える様子

カードで4つに切り、フェンネルシードを加え、手でよくこねます。

6. 分割・丸め・ベンチタイム

こね台に並んだベンチタイム前の生地

再びカードで6等分にし、丸めてうしろは閉じずに、こね台に並べます。ぬれぶきんをかけ、20分休ませましょう。

あさみん

「ベンチタイムって何?」という方は、下記をご覧ください。

ベンチタイムについて、ベンチタイムの詳しいやり方などを解説しています。

【パン作りの基本】ベンチタイムとは?生地を休ませる意味&手順を解説パン作りに欠かせない、ベンチタイムの意味(効果)と詳しい手順、注意点をご紹介しています。...
ベンチタイム後のパン生地

ひとまわり大きくなったらOKです。

7. 成形

こね台にのった平らにした生地

裏返して手で平らにし、

左1/3を折りたたむ様子

左1/3を中心に折りたたみます。

右1/3を折りたたんだパン生地

右1/3も同様に折りたたみます。(最初に折りたたんだ部分に少し重なるように)

クッペ上に成形したパン生地

重なった部分を指でつまんでしっかりと閉じます。

8. 最終発酵

天板に並んだ最終発酵後のパン生地

オーブンシートをしいた天板にとじ目を下にして並べ、ぬれぶきんをかけてあたたかいところで50分発酵させます。

天板に並んだ最終発酵後のパン生地

ひとまわり大きくなったら発酵完了です。

9. 仕上げ

成形後の生地に茶こしで全粒粉をかける様子

茶こしで表面に全粒粉(分量外)をふり、ナイフで十字に切り込みを入れます。

10. オーブンで焼く

ケーキクーラーの上にのった焼きたてのフェンネルと全粒粉のパン

霧を吹いて、190℃にあたためたオーブンで15分焼いたら完成です。

心地いいプチッと感!フェンネルシードのパンを作ろう

焼きたてのフェンネルと全粒粉のパンを手でちぎる様子

噛むと口の中がさっぱりとするフェンネルシード入り全粒粉パンのレシピをご紹介しました。

少しクセはありますが、全粒粉の甘みと合わさるとほどよいバランスに。

今回のレシピはそのまま使いましたが、フライパンで軽く炒ってから加えると香ばしさが増しておいしくなりますよ。

お正月にちょっと食べすぎてしまった……なんて方は、ぜひ作ってみてくださいね。

あわせて読みたい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。