レシピ

【もっちり】手ごねで作る「ハイジの白パン」レシピ

グレーのお皿にのった焼きたてのハイジの白パン

『アルプスの少女ハイジ』に登場する、真っ白くてふわふわな「ハイジの白パン」レシピをご紹介します。

砂糖の代わりに保水性の高いはちみつを使っているため、時間がたっても硬くなりにくいのがうれしいポイント。

焼きたてはもちろん、翌日もしっとりもちもちなので、朝ごはん用にたくさん焼いておくのもいいですね。

材料(直径6cmのもの10個分)

下準備

計量カップの中で水とはちみつを混ぜ合わせる様子

はちみつと水はよく混ぜ合わせ、500Wの電子レンジで30秒加熱してひと肌程度に温めておきます。

作り方

1. 生地を混ぜる

ボウルにハイジの白パンの材料を入れる様子

ボウルに粉類、塩、インスタントドライイーストを入れてゴムベラでよく混ぜ、真ん中をくぼませてからはちみつ水を入れてよく混ぜます。

2. こねる

ボウルに入った1次発酵前のハイジの白パンの生地

手の腹を使ってなめらかになるまでよくこねます。

3. 1次発酵

発酵して2倍に膨らんだハイジの白パンの生地

片手で持ち上げられるようになったらひとまとめにし、ぬれぶきんをかけ、あたたかい場所で1時間ほど発酵させます。2倍ぐらいの大きさになったら発酵完了。

4. 分割・丸め

こね台の上で10等分されたハイジの白パンの生地

台の上に取り出してカードで10等分し、表面を張らせるように丸めます。

5. ベンチタイム

ベンチタイム後のハイジの白パンの生地

間を空けて並べ、ぬれぶきんをかけて室温で20分休ませます。

6. 成形

ハイジの白パンの成形をする様子

茶こしで表面に強力粉(分量外)をふり、菜箸で真ん中をぐっと強く押し込みます。前後にぐりぐりと動かして、底を作るように強し強めに押すのがポイント。

7. 最終発酵

天板に並んだハイジの白パンの生地

オーブンシートをしいた天板の上に間を空けて並べ、ぬれぶきんをかけてあたたかい場所で10~20分発酵させます。

最終発酵後のハイジの白パンの生地

2倍の大きさになったら発酵完了。

8. 焼く

天板に並んだ焼きたてのハイジの白パン

160℃に予熱したオーブンで16~18分焼いたら完成です。

メモ

【難易度】

評価 :2/5。

生地自体は扱いやすいが、成形に少しコツが必要。

あわせて読みたい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。