レシピ

はちみつとクリームチーズのパンレシピ【豆乳】

水の代わりに豆乳を使う、もっちりとした食感の「はちみつとクリームチーズパン」レシピです。

生地に混ぜ込むフィールハニーは、加熱しても溶けないので、はちみつ味のパンが好きな方にはもってこいのトッピング。はさみで深く切り込みを入れると、中のクリームチーズの頭が見えて、なんともかわいく仕上がります。

粗挽き黒こしょうをぱらりとかけても。

材料(直径6cmのもの10個分

テーブルに並んだはちみつとクリームチーズパンの材料

下準備

豆乳とはちみつ、オリーブオイルを混ぜておく

オリーブオイルと豆乳を混ぜ合わせる様子

ボウルに豆乳とはちみつ、オリーブオイルを入れ、よく混ぜ合わせておきます。

作り方

1. 生地を作る

ボウルにはちみつとクリームチーズのパンの材料を入れる様子

ボウルに強力粉、塩を入れてゴムベラでよく混ぜ、ドライイースト、仕込み水(豆乳とはちみつ、オリーブオイルを混ぜたもの)を注ぎ入れます。

2. こねる

ボウルに入ったこね上げ直後の生地

ゴムベラで粉気がなくなるまで混ぜたら、表面がつるんとなめらかになるまで手でよくこねる。

3. 1次発酵

1次発酵後のパン生地

表面を張らせてボウルに置き、ぬれぶきんをかけて室温で1時間ほど発酵させます。2倍の大きさになったら発酵完了。

4. フィール・ハニー(はちみつ)を練り込む

10等分した生地にフィール・ハニーを混ぜ込む様子

生地をカードで10等分にし、フィール・ハニー(はちみつ)を加えて手でもみ込みながらこねます。

5. 分割・丸め

こね台に並んだはちみつとクリームチーズパンの生地

再度10等分にし、表面を張らせるようにして丸めます。

丸め方が分からない!という方は下記をご覧ください。詳しい手順やコツ・ポイントを解説してます。

6. ベンチタイム

ベンチタイム後のはちみつとクリームチーズパンの生地

うしろは閉じずにこね台の上に間を空けて並べ、ぬれぶきんをかけて室温で20分休ませます。

7. 成形

  • 手のひらで生地をのばす様子
  • まん中にクリームチーズがのった生地
  • 上下の生地をつまんでくっつける様子
  • 右左の生地をつまんでくっつける様子
  • 斜め右斜め下の生地を指でくっつける様子
  • とじ目を指でつまんでくっつける様子
  • 形を整えた生地

とじ目を上にして置き、手のひらで直径10cmの円形にのばします。生地のまん中にクリームチーズを置き、左右・上下・斜め上斜め下の順に生地をつまみ上げ、とじ目をよく閉じます。

8. 最終発酵

オーブンシートに並んだはちみつとクリームチーズパンの生地

オーブンシートをしいた天板の上に間をあけて並べ、ぬれぶきんをかけて室温で1時間発酵させます。

最終発酵後のはちみつとクリームチーズパンの生地

2倍ぐらいの大きさになったら発酵完了。

9. 焼く

生地にはさみで切り込みを入れる様子

表面に茶こしで強力粉をふり、はさみで十字に切り込みを入れ、霧吹きをかけます。

天板に並んだ焼きたてのはちみつとクリームチーズパン

180℃に予熱したオーブンで14~15分焼いたら完成です。

はちみつ好きは試す価値あり!

フィール・ハニーは、加熱しても溶けない固形のはちみつのこと。生地にはちみつを混ぜ込むパンよりも、はちみつそのものの風味がしっかりと感じられるのが魅力です。

はちみつとクリームチーズの組み合わせが好きな方もきっと多いはず。製菓・製パン材料店で購入できるので、ぜひ一度使ってみて下さいね。

あわせて読みたい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。