レシピ

パウンド型で焼く!小さな食パンのレシピ【ホシノ天然酵母】

パウンドケーキ型で焼く、小さな食パンのレシピをご紹介します。ホシノ天然酵母の生種で作る生地は、しっとりもっちり。スーパーなどで手に入る少し大きめの保存容器を使えば、洗いものがラクチンです。

材料(パウンド型1台分)

テーブルに並んだパウンド型食パンの材料

※生種(ホシノ天然酵母)の作り方はこちらからご覧いただけます。

作り方

1. 生地作り

保存容器にパウンド型食パンの材料を入れる様子

プラスチック製の保存容器(1リットル容量のものがおすすめ)に強力粉、生種、はちみつ、塩、水を入れ、カードで混ぜ合わせます。

2. こねる

こね台にのったパン生地

まとまってきたらこね台に出し、表面がつるんとなめらかになるまで手でよくこねます。

3. 1次発酵

保存容器に入ったパン生地

丸めて保存容器に戻し、ふたをしてあたたかいところ(30~40℃くらいが理想的)で発酵させます。

1次発酵後のパン生地

1.5~2倍の大きさになったら発酵完了です。※冷蔵庫に入れておけば、8~24時間のうちいつでも都合のよいときに取り出してOK。

4. 分割

分割したパン生地

こね台に取り出し、カードで2等分します。

5. 丸め・ベンチタイム

こね台にのったベンチタイム前のパン生地

手で表面を張らせるようにして丸め、うしろはとじずに台におき、ぬれぶきんをかけて20分休ませる。

6. 成形・最終発酵

パウンド型に入ったパン生地

さらに表面を張らせるようにして丸め、うしろをとじ、クッキングシートをしいたパウンド型にとじめを下にして側面に沿うように並べます。

パウンド型いっぱいまで膨らんだパン生地

ぬれぶきんをかけてあたたかいところ(40℃くらい)で60~80分発酵させます。2倍の大きさになったら発酵完了。

7. 焼く

パン生地に霧吹きをかける様子

表面に霧を吹き、210℃にあたためたオーブンで24~25分焼いたら完成です。

ひと口メモ

生地の分割をきちんとおこなえば、あと丸めて型に入れるだけなのでパン作りに慣れていない方でも失敗しにくいレシピかなと思います。

パウンド型は種類によって型紙を用意したほうがいい場合もあるので注意。私はフッ素加工のものを愛用しています。紙型で焼いてそのままプレゼントするのもいいかも。

あさみん店長

私が愛用しているのは、貝印のパウンドケーキ型!クッキングシートをしいたり、油やバターを塗ったりしなくてもするんっと外せるので、コスパ抜群です。大きすぎないスリム型も◎

あわせて読みたい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。