レシピ

【ホシノ天然酵母】プルーンとくるみの紅茶食パン

水溶性食物繊維を含み、整腸効果のあるプルーンと、栄養価の高いくるみを混ぜ込んだ紅茶の食パン。

紅茶の苦味成分・タンニンには、アンチエイジングに効果的なポリフェノールも含まれています。

天然酵母は発酵力が控えめなので、ややどっしりとした焼き上がりに。断面のうずまき模様がなんとも愛らしい表情です。

材料(パウンド型1台分)

※生種の作り方はこちらからご覧いただけます。

下準備

・プルーンは1cm角に切っておく

まな板の上で刻まれたプルーン

プルーンはナイフで1cm角に切り、水小さじ1杯をかけておく。

・くるみをローストする

オーブンでローストしたくるみ

くるみは手で4つに割り、150℃のオーブンで7分ローストする。

作り方

1. 粉と水を合わせる

保存容器に入った材料に水を注ぐ様子

深めの保存容器(またはボウル)に粉類と茶葉、生種、はちみつ、塩、水を入れ、カードで混ぜ合わせる。

2. こねる

カードで生地を混ぜる様子

こねにくい場合はこね台に出し、表面がなめらかになって手に生地がつかなくなるくらいまでこねる。

3. 1次発酵

表面を張らせるようにして丸めてボウルに戻し、ふたをしてあたたかいところで発酵させる。

1.5~2倍ぐらいの大きさになったら発酵完了。

4. ベンチタイム

こね台に取り出して生地を丸め直し、ぬれぶきんをかけて20分休ませる。

5. 成形

打ち粉(分量外)をふったこね台にとじ目を上にして置き、めん棒で横幅がパウンド型の幅より1cmずつ短くなるよう長方形に伸ばす。縦幅は23cmくらいが目安。奥2~3cmを残してにプルーンとくるみをまんべんなく並べ、くるくると巻き、とじ目を指でつまんでよくとじる。

6. 最終発酵

パウンド型にとじ目を下にして入れ、ぬれぶきんをかけて発酵させる。

型から生地が少し顔を出す程度までふくらんだら発酵完了。

7. 焼く

表面に霧吹きで水をかけ、210℃にあたためたオーブンで23~24分焼く。

【難易度】

評価 :4/5。

発酵にやや時間がかかります。水分を多く含むプルーンと重みのあるくるみを加えるため、生地は重めです。


ABOUT ME
店長あさみん
1995年大阪府生まれ。フリーライター/主婦。 記事執筆の合間にパンを焼いたことを機に、パン作りに目覚める。 「疲れない、ストレスフリーなパン作り」が信条。 お仕事のご相談は「お問い合わせ」まで!
あわせて読みたい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。