桜もちの基本レシピ/ Cherry blossom rice cake

お菓子
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

数ある和菓子の中でも、 安定した人気を誇る「桜もち」。今回はふわっと色づいたパステルピンクが美しい、桜もちのレシピをご紹介します♪

Cherry blossom rice cakes are one of Japanese sweets. In Japan, people enjoy eating cherry blossom rice cake under the fully bloomed cherry blossoms.

一般的に桜もちは2種類あり、クレープのような薄い生地であんこを巻く「関東風」と、道明寺粉を使用したおもちであんこを包む「関西風」の2つが主流です。

今回は、関西出身の私にとってなじみのある「関西風」を桜もちをご紹介します。関東風のものと比べると、おもち感が強く、もっちりとした食感が魅力の道明寺粉を使った桜もち、まだ食べたことがない人はぜひこのレシピで作って、食べてみてくださいね。きっと新たな桜もちの世界が開けるはず。(個人的には、関西風が好み♡)

Today, I would like to introduce the recipe of Kansai style cherry blossom rice cake because I was born in Osaka. Compared to Kanto style cherry blossom rice cake(crepe style), Kansai style cherry blossom rice cake uses glutinous rice flour which is chewy and sticky. Please have fun!

桜もちの材料(10個分)/ Ingredients (Makes 10 cherry blossom rice cakes)

バットの上に並べられた桜もちの材料
  • 道明寺粉(glutinous rice flour)……95g
  • こしあん(sweet bean paste)……200g
  • 桜の葉(cherry leaves)……10枚
  • 砂糖(sugar)……大さじ2杯(2 Tablespoons)
  • 水(water)……1カップ(1 cup)
  • 食紅(food coloring)……適量(suitable amount)

作り方(Directions)

1. 水、砂糖を電子レンジで加熱する(Heat water with sugar in the microwave for 2 minutes)

ボウルに入った砂糖水

耐熱ボウルに水1カップと砂糖を入れ、ラップをかけて電子レンジで2分間加熱します。

2. 道明寺粉を加えて、よく混ぜる(Add glutinous rice flour and mix well, then mix food coloring water little by little. )

道明寺粉に食紅を加える様子

(1)のボウルに桜もちの粉(道明寺粉)を加えて、よく混ぜます。水で溶かした食紅を少しずつ加えて色をつけていきましょう。食紅は1滴ずつ追加し、少しずつ理想の色に近づけていくと自然なピンク色が出せますよ。

3. 電子レンジで加熱する(Heat in the microwave for 3 minutes, then mix lightly and heat in the microwave again for 3 minutes)

泡だて器で道明寺粉を混ぜる様子

(2)のボウルにラップをかけ、電子レンジで3分間加熱します。一旦取り出し、軽くかき混ぜて、再び3分間加熱しましょう。

4. 濡れぶきんをかけて5分間蒸らす(Wrap wet cloth on the bowl and steam the dough for 5 minutes)

濡れぶきんをかぶせたボウル

電子レンジから取り出したボウルに、固く絞った濡れぶきんをかぶせて、5分間蒸らします。

5. 桜の葉を洗い、水気を切る(Wash cherry blossom leaves, and let them drained well)

ティッシュの上に並べられた桜の葉

桜の葉を水で軽く洗い、キッチンペーパーなどの上にのせて水気をしっかりと切ります。

6. あんこ玉を10個作る(Make 10 sweet bean paste balls)

お皿の上に並べられたあんこ玉

こしあんを10等分にし、水を湿らせた手で丸めます。

7. 桜もちであんこを包む(Spread the rice cake on the hand, place the sweet bean paste ball in the middle and wrap them)

手のひらであんこ玉を包む様子
Get the water on your hands before touching sticky rice cake!

手を軽く水で濡らし、蒸らしておいた桜もちの生地を10等分にして、丸めます。手のひらの上で丸く伸ばし、あんこ玉をのせてやさしく包みます。生地がべたつきが気になる場合は、水を追加すると扱いやすくなりますよ。

8. 桜の葉で包む(Wrap the cherry blossom rice cake in cherry blossom leaves gently)

桜の葉を巻いた桜もち

俵型に丸め、水気を切った桜の葉で包んだら完成です。葉の筋がついている面を外側にして包んでくださいね。

『桜もち手作り材料セット』でお手軽に桜もちを作りましょう♪(Let’s make Cherry blossom rice cake easily using “Sakura mochi kit” )

桜もちの断面

今回は、私がいつも愛用させていただいている製菓用品オンラインショップ「cotta」さんの『桜もち手作り材料セット』なる神アイテムを使用させていただきました。

This recipe used ” Cherry blossom rice cake’s handmade kit” by “COTTA“(confectionery material online store).

白いお皿に並べられた桜もち

なんとこちら、桜もちに必要な材料の9割が揃った商品。その他必要となるのは、砂糖と水、食紅のみ!レシピカードもついていて、指示通りに「はいはーい!」作っていくだけで、20分足らずで完成してしまいました(笑)和菓子ってこんなに簡単に作れるの……?と拍子抜け。

Surprisingly, this kit needs only sugar, water and food coloring! Because recipe card is attached to this kit, It took only 20 minutes to complete all steps.

テーブルの上に並べられた桜もち

「季節のスイーツを作りたいけど、余らせたくない」という人にはもってこいの商品かなと思います。記事の最後にリンクを貼っておくので、よかったら試してみてくださいね。

As I put a link of this super excellent product, please enjoy making Japanese traditional sweet ” Sakura mochi(Cherry blossom rice cake).

以上、きたやまあさみでしたー。

Thank you for reading♡

今回使用させていただいた商品のリンクはこちら♪

桜もちセットのパッケージ

手作り和菓子教室 桜もち材料セット(10個分)

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました