レシピ

米粉100%!パウンド型で作る食パンレシピ【簡単】

米粉100%で作る、ミニ食パンの簡単レシピをご紹介します。

生地がゆるく、成形がむずかしい米粉パンは、パウンドケーキ型に流し入れて、オーブンで焼き上げるのが特徴。

混ぜるのに少し力がいりますが、焼きたての米粉パンをほおばれば、頑張って混ぜた自分に感謝したくなりますよ。

材料(パウンド型1台分)

テーブルの上に並んだ米粉パンの材料

必要な道具

  • パウンドケーキ型
あさみん店長

生地がゆるい米粉パン作りに欠かせないパウンドケーキ型。私が愛用している貝印のスリムパウンド型は、クッキングシートをしいたり、油を塗ったりする必要がなく、するんと簡単に取り外せるのでおすすめです。

ふっくらと焼き上げるコツ・ポイント

グルテン(パンの弾力を生み出す成分)を含まない米粉パンは、ゴムベラでよく混ぜ、粘りをしっかりと引き出すのがポイント。

水が冷たいとイーストの力が弱まってしまうので、必ず30℃に温めてから使いましょう。(600wの電子レンジで20秒ほど温めると30℃くらいになります)

作り方

1. 生地を作る

ボウルに米粉パンの材料を入れる様子

ボウルに米粉、塩を入れ、塩から離れたところにドライイースト・はちみつを入れ、30℃にあたためたぬるま湯を回しかけます。

2. 混ぜる

ゴムベラで米粉パンの生地を混ぜる様子

ゴムベラでもったりとするまでよく混ぜます。

もったりとするまで混ぜた米粉パンの生地

はじめはとろりとした状態から、もったりとして固めの状態になります。表面を軽く触ってみて、手につかなくなればOK。

あさみん店長

結構大変なのが、この混ぜる作業。ゴムベラはプラスチック製のものよりも、持ち手とヘラ部分が一体になったゴム製のものがおすすめです。しっかり混ぜるほど、ふっくらと焼き上がるので、ここだけは頑張って!

3. オリーブオイルを加える

米粉パンの生地にオリーブオイルを入れる様子

オリーブオイルを回しかけ、ツヤが出るまでゴムベラでよく混ぜます。

4. 発酵

米粉パンの生地が入ったパウンド型

パウンド型に入れて表面をならし、ラップをかけて40℃で25分発酵させます。

ラップをかけた発酵中の米粉パンの生地

型の8分目くらいまで膨らんだらOK。

5. 焼く

パウンド型にアルミホイルをかぶせた様子

アルミホイルをふんわりとかぶせ、200℃にあたためたオーブンで10分焼きます。

焼きたての米粉パン

途中でアルミホイルを外し、さらに15分焼きます。型からすぐに出し、ケーキクーラーなどの上で冷ましたら完成です。

米粉100%のパンを作ろう!

熊本県産米(ミズホチカラ)パン用米粉で作る米粉パンは、はじめてでも簡単に作れて、失敗しにくいのがポイント。

以前、スーパーで売っている普通の米粉を使ってパンを焼いたところ、ゴムボールのような悲しき物体ができあがってしまったのですが、今回は1回目で成功させることができました!なので、必ずパン用米粉を使ってくださいね。

米粉パンのレシピに挑戦したけど、なかなかうまく焼けない……とお悩みの方はぜひ一度挑戦してみてください。

あわせて読みたい
レシピ

あんこたっぷり!もち麦あんパンのレシピ

ずぼらパン。
もち麦を混ぜ込んだ生地で、なめらかなこしあんをたっぷりと包んで焼き上げる「もち麦あんパン」のレシピをご紹介します。 玄米の4倍もの食物繊維を含むもち麦は、便秘に悩む女性にう …
レシピ

ホシノ天然酵母で作る!ミニクッペのレシピ

ずぼらパン。
外はパリパリ、中はもっちりとした食感のミニクッペです。 準中力粉「リスドォル」を使って焼き上げたパンは、噛みしめるほどに小麦の甘みが感じられ、何もつけなくても驚きのおいしさ …
白いお皿に盛られた焼きたてのシナモンロール レシピ

【かもめ食堂ファン必見】スパイス香る!フィンランド式シナモンロールの再現レシピ

ずぼらパン。
ユニークな形がかわいい!かもめ食堂風シナモンロール ちょっぴりユニークな形をした「シナモンロール」のレシピをご紹介します。  …
籐かごに盛られたくるみとレーズンの全粒粉パン レシピ

【定番レシピ】くるみとレーズンの全粒粉パン

ずぼらパン。
ラム酒漬けにしたレーズンとくるみを練り込んだ、香り豊かな全粒粉パンのレシピをご紹介します。 クープ(切り込み)は大胆に入れると、中のレーズンとくるみがひょっこりと …
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。