レシピ

香ばしい!ほうじ茶とりんごのパンレシピ

香り高いほうじ茶と、甘酸っぱいりんごの組み合わせが新しい丸パンのレシピです。

ほうじ茶はすっきりとした後味が特徴なので、合わせるのは生ではなく乾燥したりんごがおすすめ。サクサクっと軽い食感と、さわやかな甘みがほうじ茶の味を引き立てます。

材料(直径6cmのもの10個分)

テーブルに並んだほうじ茶とりんごのパンの材料

下準備

まな板の上にある刻んだドライアップル

ドライアップルは小さく刻んでおきます。サクサクした食感を楽しみたい人はそのまま、やわらかくしたい人はぬるま湯で洗い水気をふきとっておく。

作り方

1. 生地を作る

ボウルにほうじ茶とりんごのパンの材料を入れる様子

ボウルに粉類を入れたらゴムベラで混ぜ、真ん中にくぼみを作ってから水を注ぎます。ゴムベラで粉気がなくなるまでよく混ぜましょう。

2. こね・1次発酵

こね上げ直後のパン生地

表面がつるんとなめらかになるまで、手でよくこねます。

発酵して膨らんだほうじ茶とりんごのパン生地

丸めてボウルに入れ、ぬれぶきんをかけて2倍の大きさになるまで1次発酵させましょう。(60分~)

3. 分割・丸め・ベンチタイム

こね台の上に並んだほうじ茶とりんごのパンの生地

こね台に取り出してカードで10等分にし、手で丸めます。間を空けて並べ、ぬれぶきんをかけて20分ほど休ませましょう。

4. 成形

  • 刻んだドライアップルがのった生地
  • 生地の上と下を指でつまんでくっつける様子
  • 生地の右と左を指でつまんでくっつける様子
  • ドライアップルを包んだ生地
  • ドライアップルを包んだあとの生地

とじめを上にして直径10cmの円形にのばしてドライアップル12gをのせ、(①)、生地の上と下を持ち上げてくっつけ(②)、左と右もくっつけて(③)、ななめ上とななめ下もくっつけます(④)。形をととのえたら完成(⑤)。

5. 最終発酵

天板に並んだほうじ茶とりんごのパン

オーブンシートをしいた天板の上に間をあけて並べ、ぬれぶきんをかけて2倍の大きさになるまで発酵させます。(50分くらい)

6. 焼く

切り込みが入った焼く前のパン生地

パンの表面に茶こしで全粒粉をふり、包丁またはナイフで切り込みを1本入れ。霧吹きをかけます。

天板に並んだ焼きたてのほうじ茶とりんごのパン

200℃のオーブンで13~14分焼いたら完成。

ひと口メモ

【難易度】

評価 :3/5。

全粒粉入りの生地はさらりとして扱いやすく、成形も簡単かと思います。仕上げの切り込みがさくっさくっと入って楽しい!

あわせて読みたい
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。