レシピ

手ごねでカリふわ!テーブルロールの基本レシピ【砂糖・卵・バター不使用】

白いお皿に盛られた焼きたてのテーブルロール

罪悪感ゼロ!基本のテーブルロール

お皿に盛られた焼きたてのテーブルロール

外はカリッと、中はふわふわもちもちした食感がおいしい「テーブルロール」のレシピをご紹介します。

バターの代わりにオリーブオイルを使い、お店に負けない口あたりの良さを再現しました。

サラダ油や太白ごま油、ココナッツオイルなどお好みのオイルを使っても。

材料(8個分)

テーブルに並んだテーブルロールの材料

うまく作るコツ・ポイント

生地が固いときは、休ませながら少しずつ伸ばす

こね台にのった成形後のテーブルロール

生地が乾燥すると、伸びが悪くなって成形しづらくなります。

そんなときは一気に成形しようとせず、生地を休ませながら少しずつ成形するのがポイント。

休ませるときは、必ずぬれぶきんをかけて乾燥しないようにしてくださいね。

下準備

豆乳と水を合わせる

計量カップに入った豆乳と水

計量カップや器などに豆乳と水を入れ、軽く混ぜ合わせます。

下記を参考に、季節に応じて温度を調節しましょう。

  • 春・秋:約30℃
  • 夏:約10℃
  • 冬:約45℃

※600wの電子レンジで20秒チンすると、約30℃になります。

作り方(調理時間:180分)

1. 生地を作る

ボウルにテーブルロールの生地を加える様子

ボウルにオリーブオイル以外の材料をすべて入れ、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせます。

2. こねる

こね台にのったこね上げ直後のテーブルロールの生地

こね台に取り出し、表面がつるんとなめらかになるまで手でよくこねます。

生地を引っ張ってグルテン膜を引き出す様子
【パン作りの基本】初心者必見!生地のこね方&たたき方を画像付きで解説おうちで作るパンは、手ごねが基本。はりきってこねてみたけど、なんだかうまくいかない……と一人で悩んでいませんか?このページでは、パン作り初心者の方でもいちから学べる「パンのこね方・たたき方」をじっくり解説します。...

3. オリーブオイルを加える

6等分した生地にオリーブオイルを加える様子

カードで6つに切ってボウルに入れ、オリーブオイルを加え、手でもみ込むようにしてこねます。

4. 1次発酵

ボウルに入ったこね上げ直後のテーブルロールの生地

表面を張らせるようにして丸め、うしろを閉じてボウルに入れ、60分発酵させます。

あさみん

「発酵の方法が分からない!」という方は、下記をご覧ください。

主な発酵の方法と、うまく発酵させるコツ、発酵の手順などを詳しく解説しています。

ふっくらと発酵したパン生地
【パン作りの基本】劇的においしくなる! 発酵の方法4選&うまく発酵させるコツ・ポイントパン作りの基本「発酵」の意味や目的、主な発酵方法、うまく発酵させるコツ・ポイント、発酵の手順などをご紹介しています。...
一次発酵直後のテーブルロールの生地

2~2.5倍の大きさに膨らんだら、発酵完了です。

5. 分割・丸め・ベンチタイム

こね台に並んだベンチタイム前の生地

こね台に取り出してカードで8等分にし、丸めます。間を空けて並べ、ぬれぶきんをかけて20分休ませましょう。

あさみん

「丸め方が分からない」「うまく丸められない」とお悩みの方、「ベンチタイムって何?」という方は下の記事をご覧ください。

パンを丸める意味は?きれいに丸めるコツ・ポイントを徹底解説 この記事では、パン作りにおける丸めの意味・目的、きれいに丸めるコツ・ポイント、手順をご紹介します。 自分でパンを作ったことのある...
【パン作りの基本】ベンチタイムとは?生地を休ませる意味&手順を解説パン作りに欠かせない、ベンチタイムの意味(効果)と詳しい手順、注意点をご紹介しています。...
ベンチタイム後の生地

ひとまわり大きくなったらOKです。

6. 成形

生地のガスを抜く様子

とじ目を下にして置き、手でつぶしてガスを抜きます。

折りたたんだ生地

生地の上1/3と下1/3を中心に向かって折りたたみます。

人差し指と親指で生地を折りたたむ様子

さらに半分に折りたたみ、

指でつまんで生地を閉じる様子

指でつまんで閉じます。

棒状に伸ばした生地

手のひらのつけ根を使って、生地の片側が細くなるように転がします。

しずく型に生地を伸ばす様子

めん棒で長さ20~22㎝のしずく型に伸ばします。

奥から手前に向かって生地を巻く様子

奥から手前に向かって、ゆるめに巻きつけたら完成です。

7. 最終発酵

天板に並んだ成形後のテーブルロールの生地

オーブンシートをしいた天板にとじ目を下にして並べ、ぬれぶきんをかけて50分発酵させます。

天板に並んだ最終発酵後のテーブルロール

ひとまわり大きくなったら、発酵完了です。

8. 豆乳を塗る

焼く前のテーブルロールにハケで豆乳を塗る様子

生地の表面にはけで豆乳を薄く塗ります。

あさみん

豆乳を塗ることで、焼いたときにきれいなツヤが出て、うんとおいしそうに仕上がります。

時間のある方は、一度乾かしてから重ね塗りするのもおすすめ!ツヤが増します。

使用したアイテムはこちら

9. オーブンで焼く

焼きたてのテーブルロールを冷ます様子

190℃に温めたオーブンで14分焼いたら完成です。

焼き色が足りない場合は、温度を200℃に上げ3分追加しましょう。

バターなしであっさり!テーブルロールを手作りしよう

焼きたてのテーブルロールを手で裂く様子

バターを使わないのに、しっとりふわふわに焼きあがる「テーブルロール」のレシピをご紹介しました。

テーブルロールの良さは、やはりその汎用性の高さ。

あっさり素朴な味わいなので、何もつけずにそのまま食べるのも良し、ジャムやはちみつ、バターをつけて食べるも良しです。

オリーブオイルがよく効いていて、シチューや煮込み料理ともよく合いますよ。

ABOUT ME
きたやまあさみ
1995年大阪府生まれ。パンシェルジュ。 仕事の合間にパンを焼いたことを機に、パン作りに目覚める。 「疲れない、ストレスフリーなパン作り」が信条。 お仕事のご相談は「お問い合わせ」まで!
あわせて読みたい
レシピ

ホシノ天然酵母で作る!ミニクッペのレシピ

ずぼらパン。
外はパリパリ、中はもっちりとした食感のミニクッペです。 準中力粉「リスドォル」を使って焼き上げたパンは、噛みしめるほどに小麦の甘みが感じられ、何もつけなくても驚きのおいしさ …
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。