コラム

【基礎知識】おうちでのパン作りのタイムスケジュール

その日の気温や湿度によって発酵の進み具合が変わるパンですが、真夏や真冬をのぞけば、生地作りから完成まで基本的には3時間程度。

朝9時からスタートすると、お昼に焼きたてのパンが食べられます。

下記のタイムスケジュールは、室温20℃の場合です。真夏は-30分、真冬は+30~60分と考えましょう。(※湿度により前後する場合あり)

9:00 【生地作り】

ボウルに入った1次発酵前の生地

材料を混ぜ、こね、まとめます。

9:20 【1次発酵】

1次発酵後のパン生地

生地が乾燥しないよう、ぬれぶきんをかけて、あたたかいところで発酵させます。

10:20 【分割・ベンチタイム】

こね台に並んだベンチタイム前の生地

カードで分割し、丸めたら、こね台に並べて一旦ベンチタイム。かたくなった生地をゆるませ、成形しやすくします。

10:40 【成形・最終発酵】

天板に並んだ最終発酵後の生地

生地を丸め直し、オーブンシートをしいた天板に並べます。発酵するとひとまわり大きくなるので、必ずとなりのパンとの間を開けて。

11:40 【焼く】

切り込みを入れたパン生地

しっかりと予熱したオーブンへ。加熱中もまだまだ発酵は進みます。漂ってくる香ばしいパンの香りは、もうそれだけで幸せな気分にさせてくれます♡

12:00過ぎ【完成】

焼きたてのパン
ABOUT ME
店長あさみん
1995年大阪府生まれ。フリーライター/主婦。 記事執筆の合間にパンを焼いたことを機に、パン作りに目覚める。 「疲れない、ストレスフリーなパン作り」が信条。 お仕事のご相談は「お問い合わせ」まで!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。